スノボツアーに参加しようと思った時、どうやって選ぶのか悩んだりする事はありませんか?ここでは、スノボツアーに関するメリットやデメリットについてお伝えしていきます。安く参加する方法についても合わせて紹介しますね。

泊まり

長く休みが取れた場合は、泊まりでスノボツアーに参加してみてはいかがでしょうか?ここでは、泊まりでスノボツアーに参加するメリットやデメリット、また、安く参加できる方法についてお伝えします。スノボツアー探しの参考にして下さいね。

スノボツアーを泊まりで安く参加する方法とは

冬になると日本各地のゲレンデでスノボを楽しめるツアーは数多く企画されており、宿泊プランのツアーでもトータルで安く参加できるツアーも見つけられます。スノボを宿泊で楽しむためには交通費と宿泊代、リフト…

Read more »

泊まりでスノボツアーに参加するメリットとは?

スノボに行く際は、移動時の交通費の他にリフト料金やブーツやボードなどのレンタル代が必要になってくるため、なかなかお金がかかってしまうものです。また、自分で車を運転して行く場合などは雪道を走行する必…

Read more »

スノボツアーを泊まりで参加する際に考えられるデメリット

相当な疲れがたまってしまう

日帰りでスノボツアーに参加した場合、滑っていられる時間が短いという問題がある一方でそんなに疲れがたまる事がないという考え方も出来ます。つまり、夜に帰宅してお風呂にゆっくり入って長時間の睡眠をとれば翌日の仕事に支障をきたす事は基本的にありません。一方、例えば1泊2日の宿泊ツアーに参加して1日目の夜はナイター営業時間帯も滑走するとなると、かなり長時間滑る計算になります。10代後半や20歳前後の若い世代であれば問題ないかもしれませんが、年をとってくると疲れが帰宅日の夜ではなく翌日・翌々日にやってきます。 思いっきり体を動かす肉体労働系の仕事をしている人は、帰宅日の翌日に仕事に戻ったものの腰痛や筋肉痛があまりにもひどい場合、うまく働けないかもしれません。その点は大きなデメリットといえるでしょう。

その他のデメリットについて

例えば天候問題や同行者の事情などにより急遽1泊2日のツアー参加がキャンセルとなってしまった場合、2日間も予定が丸空きになってしまいます。そういった事が起こると、2日間家で暇を持て余してしまう恐れがありますが、日帰りツアーであればキャンセルになっても丸2日間・暇な時間を過ごすリスクがありません。また目的地がはじめて行くスキー場の場合、滑ってみてゲレンデコンディション・景色などが良くなくても、日帰りであれば夜には帰って来られます。一方、はじめてのスキー場に泊りがけで行ってしまった場合、もしフィーリングが合わなかったとしてもその日のうちには帰れず、そこで2日間過ごさないといけません。 その他、普段の気候とはまったく違う場所で1日間ではなく2日以上過ごす中で、体調を崩してしまう可能性があるのもデメリットと言えます。

日帰り

連休が取れなかった時は日帰りでスノボツアーに参加してみましょう。日帰りでスノボツアーに参加する時にはどんな点に注意すればいいでしょうか。ここでは、日帰りスノボツアーのメリット・デメリットと一緒に、選び方のポイントや安く参加する方法についてお伝えします。